京都春秋ことなり塾

京都の特別な文化体験専門サイト

HOME > 体験プラン > 日本美術 > 西本願寺 桃山文化「美のしかけ」を体験する ~烏賀陽百合さん特別庭園ガイド~ お抹茶の接待付 
  • 国宝 白書院  画像提供:龍谷山 本願寺
  • 特別名勝 虎渓の庭  画像提供:龍谷山 本願寺
  • 国宝 飛雲閣 画像提供:龍谷山 本願寺
  • 国宝 御影堂
2021年4月27日(火曜日) 13:00~15:30 開催

西本願寺 桃山文化「美のしかけ」を体験する ~烏賀陽百合さん特別庭園ガイド~ お抹茶の接待付 

絢爛豪華!今に伝わる桃山文化の粋と、
庭園デザイナー烏賀陽百合さんが案内する 桃山様式の名庭
~書院・飛雲閣・虎渓の庭・阿弥陀堂・御影堂~

「お西さん」の愛称で親しまれる龍谷山 本願寺(西本願寺)。
世界文化遺産にも登録されている国宝、重要文化財の数々を本願寺僧侶と京都の庭園デザイナー烏賀陽百合さんの案内で巡り、書籍や映像では伝わらない、豪壮華麗な桃山文化の粋をお抹茶の接待付でゆっくりと堪能していただく文化体験会です。

※予約申込みをするをクリックすると、WEB予約管理サイト「Coubic(クービック)」のページへ移行します。

このプランの特徴FEATURE

桃山文化の粋。豪壮な中にちりばめられた緻密で繊細な『美のしかけ』を体験する。

毎年多くの参拝者が訪れる本願寺は、世界最大級の木造建造物である御影堂、阿弥陀堂や書院群など江戸時代初期に建てられたものではありますが、豊臣秀吉の時代に完成した桃山様式を代表する建造物や意匠は当時の文化がそのままの姿で残されている、全国でも非常に貴重な文化財です。

当時の最先端の文化と技術を結集した本願寺の建造物・障壁画・庭園などは、豪壮で表現される桃山文化の完成型であると同時に、当時の日本人の美意識が凝縮されたものです。

対面所の柱の間隔が違うのはなぜ?
雁の欄間の透かし彫りから現れる景色とは?
最古の能舞台に敷き詰められた石の正体は?

豪壮な中にも繊細で緻密にちりばめられた「美のしかけ」を、本願寺僧侶による案内で体験していただきます。

また、庭園の国宝ともいえる特別名勝「虎渓の庭」、飛雲閣庭園 名勝「滴翠園」では、京都の庭園デザイナー烏賀陽百合さんが、その見どころや作庭家の意図を解説。庭園を通して日本人の美意識と、庭園の魅力を感じていただきます。

【国宝 本願寺 書院】

国宝に指定されている本願寺の書院は、桃山時代に発達した豪壮華麗な書院建築の代表的なもので、寝殿造から発展した住宅様式「書院造」の完成形とも言えます。

書院は、応接広間の対面所と賓客を招く白書院に大別でき、いずれも欄間彫刻と色彩鮮やかな障壁画に彩られ、絢爛豪華な桃山文化を今に伝えます。

また、豪壮な桃山文化を代表する建築物でありながら、随所に緻密で精細な「美のしかけ」がちりばめられており、一見しては分からない桃山文化の粋と遊びごころを、本願寺僧侶の解説で体験していただきます。

【特別名勝 虎渓の庭】

対面所の東側、広さ約760平方メートルの空間に設けられているのが、庭園の国宝~特別名勝に指定されている池泉式枯山水―虎渓の庭です。

寛政11年(1799)刊行の『都林泉名勝図絵』にも収められているこの名庭は、蓬莱思想を反映し、その借景や見立ては、日本人独特の想像力をかき立て、見る者の感性にその解釈をゆだねます。

「日本庭園は日本人の美意識が詰まったもの。」と語る、京都の庭園デザイナー烏賀陽百合さんに虎渓の庭の楽しみ方やビューポイントなど、その魅力をご案内していただきます。

【国宝 飛雲閣 名勝 滴翠園】

今回のことなり塾、クライマックスは国宝 飛雲閣と名勝 滴翠園です。

飛雲閣は、豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構と伝えられ、金閣、銀閣と並んで「京都三閣」に数えられる楼閣建築です。日本の伝統建築が通常左右対称に建てられるのが一般的であるのに対し、飛雲閣は、二層、三層といくに従って中心が左(東)へと配置された、左右非対称となっている特徴的な外観です。

この飛雲閣が建つ本願寺境内南東隅の約4900平方メートルにおよぶ一角は池泉回遊式庭園「滴翠園」と呼ばれ、国の名勝に指定されています。

飛雲閣と黄鶴台の建築に伴って築造されたものとされる滴翠園は、名庭として知られるに従って、飛雲閣を中心とした建造物や景物など、その見所を十カ所に分け「滴翠園十勝」としてその風雅を讃えられてきました。

本願寺僧侶と烏賀陽百合さんの案内で、「滴翠園十勝」の風雅をご体験ください。

【烏賀陽百合さんのご紹介】

 

烏賀陽 百合 (うがや ゆり)

庭園デザイナー、庭園コーディネーター
庭園ナビゲーター
同志社大学文学部日本文化史卒業。兵庫県立淡路景観園芸学校、園芸本課程卒業。カナダ・ナイアガラ園芸学校で園芸、デザインを3年間勉強。またイギリスの王立キューガーデンでインターンを経験。
これまで30ヶ国を旅し、世界の庭園を見てまわる。2017年3月ニューヨークのグランドセントラル駅、2021年1月新宿、京王プラザホテルロビーに日本庭園を作り、プロデュースした。
現在、東京、大阪、京都、広島など、全国のNHK文化センターや、まいまい京都、毎日新聞旅行などで庭園講座やツアーを開催。また紀行番組などで庭園を紹介している。
著書:
「一度は行ってみたい 京都 絶景庭園」(光文社知恵の森文庫)
「しかけに感動する京都名庭園」(誠文堂新光社)
「ここが見どころ 京都の名庭」(淡交社)
「しかけにときめく京都名庭園」(誠文堂新光社)
「しかけに感動する 東京名庭園」(誠文堂新光社)
「京都 もてなしの庭」(青幻舎)
「美しい苔の庭」(エクスナレッジ)

予約カレンダーCALENDAR

予約カレンダーは「Coubic(クービック)」を使用しております。
決済までおこなえますので、そのままCoubic(クービック)内でご予約可能です。

※外部サイト「Coubic(クービック)」でのご予約となります。

    開催日程・集合時間・体験時間

    開催日程

    2021年4月27日(火曜日) 13:00~15:30

    集合時間

    12時45分 本願寺境内 「安穏殿」(あんのんでん)前 集合

    体験時間

    約2時間~2時間30分
  • 開催場所・集合場所

    龍谷山 本願寺(西本願寺)

    地図アプリで見る

    ※集合場所は 本願寺境内 「安穏殿」(あんのんでん)前 です。
    集合時間は12時45分です。

    西本願寺境内 安穏(あんのん)殿 前です。 堀川通り沿いの御影堂門、阿弥陀堂門から入って右手(北側)奥の建物です。

    【ご案内の内容】

    阿弥陀堂(国宝) 外陣には285枚の畳がしかれ、800名が一度に参拝することができます。

    御影堂(国宝) 227本の柱で約115、000枚の瓦で支える世界最大級の木造建築物です。

    書院(国宝・重要文化財) 虎の間・対面所・白書院・能舞台 ほか

    抹茶接待(烏賀陽さん~本日の見どころ解説)

    虎渓の庭(特別名勝)

    飛雲閣(国宝)・滴翠園(名勝)


  • 集合場所への行き方

    「京都駅」から市バス
    京都駅烏丸口のバス停「京都駅前」から市バス9・28・75系統 「西本願寺前」下車すぐ
    【目安10分】
    阪急電車「大宮駅」「河原町駅」から
    阪急「河原町駅」下車
    バス停「四条河原町」Dのりばから市バス207系統 「島原口」下車 徒歩約5分
    【目安25分】

    阪急「大宮駅」下車
    バス停「四条大宮」3のりばから市バス18・71・206・207系統 「島原口」下車 徒歩約5分
    【目安20分】
    京阪電車「京阪七条駅」から
    バス停「七条京阪前」Bのりばから市バス86・206・208系統 「七条堀川」下車 徒歩約3分
    【目安20分】
    タクシーをご利用の方
    行き先は「西本願寺」とお伝えください。
    JR京都駅からは数分、阪急大宮駅、京阪七条駅からは約10分です
    お車でお越しの方
    西本願寺北境内地駐車場へは、境内北側の花屋町通から進入できます
    [カーナビ入力用住所]
    〒600-8501 京都市下京区本願寺門前町
  • 料金

    参加費1人
    15,000円
  • 料金に含まれるもの

    ガイド料
    お抹茶代

  • 駐車場・付帯設備

    駐車場
    あり。[カーナビ入力用住所] 〒600-8501 京都市下京区本願寺門前町
  • 催行条件・参加条件・持ち物等

    最少催行人数
    8人
    対象制限
    小学生以上
    最小申込数
    1人
    最大申込可能数
    5人
    持ち物・服装
    ※履物を脱いでの拝観が中心です。靴下等の着用をお願いいたします。
    ※庭園内には足元の悪い場所もございますので、動きやすい服装でお越しください。

  • お支払い方法

    オンラインクレジットカード決済
    ※外部サイト「クービック」でのご予約受付となります。
    ※ご予約確定時に決済いたします。ご利用代金の請求日はクレジットカード会社により異なります。
    銀行振り込み
    ※オンラインクレジットカード決済ができない方には銀行振り込みにてご対応いたします。詳細はメール、お電話にてお問い合せください。
  • 注意事項

    ※写真撮影はご遠慮いただいております。
    ※飲食物の持ち込みは禁止しております。
    ※開催日前日、前々日は80%、当日は100%のキャンセル料をもらい受けます。
    ※【完全予約制】参加は予約者のみとなっております。
    ※書院、阿弥陀堂、御影堂ほか建造物、障壁、襖など全て実際の国宝、重要文化財指定の貴重な文化財です。服装、持ち物など十分   なご配慮をお願いいたします。
    ※お抹茶接待のお席は、隣席と間隔をあけてご準備いたします。
    ※当日は、マスク着用にてお越しください。
    ※拝観入り口にはアルコール消毒液を設置しておりますので、手指消毒の徹底をお願いいたします。
    ※入場前に検温を行います。発熱症状のある方は、入場をお断りする場合がございます。
    ※当日、体調に不安のある場合は、ご参加をお控えいただきますようお願いいたします。
    ※コロナウィルス感染症拡大の状況によりましては、開催の中止また、内容を変更させていただく場合がございます。
    ※カメラ、三脚の使用、持ち込みはご遠慮願います。

お問合せ先

株式会社京都春秋

〒604-8155京都市中京区錦小路通烏丸西入占出山町312 KAY’Zビル502

TEL075-231-6415(代表)
(受付時間 平日10:00~17:00)

Emailでのお問合せ